トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
Whats OilNEWELITE

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは、単にこすれ合う部品同士の摩擦を減らすだけでなく、エンジンの中で主に5つの働きをしている。

1.潤滑作用
金属表面に油膜を形成し、こすれ合う金属同士の摩擦を減らし摩耗を抑える作用。エンジンオイルのメインとなる働き。

2.冷却作用
燃焼や摩擦によって発生する熱を、パーツに触れることで直接吸収し冷却する作用。油冷エンジンやオイルクーラーは、その作用をより積極的に利用するメカニズム。

3.防錆作用
金属表面を油膜で覆うことで、水分や空気が直接触れることを抑え、金属表面のサビの発生を抑える作用。

4.密封作用
ピストンシリンダーの隙間を埋めることで、圧縮圧力や爆発圧力が漏れるのを防ぎ、動力性能をキープする作用。

5.清浄分散作用
燃料に伴って生成されるカーボンやスラッジなどの不純物をオイルの中に取り込んで分散させ、エンジン各部に堆積するのを防止する作用。